VASIC

  • Tips for Life at Home
Vol.24 Tips for Life at Home
2020.05.29

日本では緊急事態宣言が解除され、外出自粛が段階的に緩和されていくとのこと。ニューヨークはまだ制限がありますが、ソーシャルディスタンスを維持しながらピクニックをしたり、テイクアウトのカクテルを屋外で飲んだりと、少しずつ外でのアクティビティが増えてきました。すでに女性たちはすっかり夏の装いに。ベアトップやノースリーブでおしゃれをした姿が新緑の公園をカラフルに彩っています。

ご好評いただいておりますStay-at-Home Recipesですが、今回はシンプルでいて深い旨みを味わえるお料理をご紹介します。

 

All-Purpose Tomato Sauce

 

クリエイティブディレクターのKanokoがパリ在住時代、美味しいニンニクを手に入れた時によく作っていたというのが、このトマトソースです。時間があるこの時期にこそ、また作ってみたくなったとか。パスタソースに使ったり、卵、肉、魚料理のソースにしたりと、冷蔵庫にストックがあるとかなり万能です。これはシンプルな材料で作る品だからこそ、こだわりの塩を使うのがポイント。オススメはフランスのカマルグの塩で、まろみのある味が料理にお菓子づくりにと活躍してくれるそう。

材料
・ホールトマト 1缶
・にんにく 10片〜(たくさん使うのがオススメ)
・オリーブオイル 少々
・塩 

 

 

  1. にんにくは皮をむいて、包丁で潰す、あるいはまるごとでもOK。お鍋の底が浸るぐらいにオリーブオイルを入れて火をつけ、お鍋が温まったらにんにくを入れて香りを出します。
  2. にんにくに色が少しつきはじめたらホールトマトを入れ、同じ缶に半分くらいのお水を入れてそのままお鍋に。最初は強火で、沸騰し始める直前に弱火にして煮込みます。
  3. にんにくが柔らかくなったら、スプーンなどの背で潰します。
  4. 塩で味を整えて完成。ブレンダーで撹拌して滑らかに仕上げるのもオススメです。

 

Celery Salad with Shaved Bottarga

 

 

「去年久しぶりにミラノに行くことがあり、そこで食べたイタリアンがとても美味しく、特に衝撃的だったのが、セロリとカラスミのサラダでした」。

そんな忘れがたい味を再現したのがこちら。セロリの爽やかな香りと食感をカラスミの旨味が追いかけて、延々と食べていられる美味しさです。おのずとワインも進んでしまいますよ。

材料
・セロリ
・カラスミ
・オリーブオイル
・レモン
・塩、胡椒

  1. セロリを薄くスライスする(筋はきれいにとる)
  2. オリーブオイル、レモン汁と和えてもみ込み、マリネにしておきます。
  3. 食べる前にカラスミをスライスします。
  4. 塩胡椒で味を整えて出来上がり。

 

Timeless & Classic、日常で使える私だけの定番 "My Standard Bag" をテーマに、
2015 Spring/Summer コレクションよりニューヨークにてVASICを発表。
シンプルかつ機能的、エレガントでありながらも大人の遊び心を加えた、普遍的なデザイン。

おしゃれを楽しむすべての女性へ、それぞれのライフスタイルにフィットする様々な
「バッグの在り方」を提案していくハンドバッグブランド。